知っておくと良い情報

人気のある講師

個別指導の塾は基本、小学校から高校までの間に習う内容の教材が準備されているので、希望レベルの内容を教えてくれます。
英検対策、漢検対策を行う場合もあります。
あるいは、社会人が中学の数学を学ぶということも可能ですし、小学生がしかるべき入門教材を使って英語を習うことも可能です。
耳から習う英語という意味では英会話スクールの方が小学生には向いているかもしれないですが、多くの個別指導の塾では、英語は文法をしっかり行い、読む力と書く力を主体として強化しています。
他の生徒さんが他の科目を学習していることが多いので、聞く力をつけ発音するのはCDを利用しての家庭で聞いて練習することになります。
ただ、よい塾の指導者は勉強の仕方をしっかり教えてくれるので、家庭での自立学習ができるようになり成績が上がります。
中学なら5教科全教科教えてくれますが、科目数が増えるごとに受講時間数も増えるので料金体系は比例して高くなります。

現在の取り組みやトレンド

昨今の就職状況や社会ニーズを見ていても国際化の加速度による実務レベルでの英語力が不可欠になってきています。
日本のような単一民族が9割以上の国ですと日本語だけで日常生活に支障をきたさないため英語を話す機会が非常に少ないです。
外国語を話す人が傍にいても積極的に話そうとしないで知らん顔している人が殆どで、学校で学んでいても気恥ずかしくて利用できません。
学校で学ぶ時間と家で復習のための問題集に答えを書く練習だけだけでは、言葉は口から出てこないからです。
言葉はしゃべって使ってこそ上達するものです。
そのため、できることなら英語は個別指導による塾でできる事ならネイティブまたはそれに近い発音のできる指導者によってマンツーマン指導をしてもらえることが理想です。
読む書く文法が主流の学校で習う英語では聞く話す能力が不十分だからです。
単語のスペルも書けないよりは書けた方がいいですが、書けるだけで正しい発音ができなければ英語圏の相手に通じません。
単語の発音やアクセントも大事ですが英文のリズムを覚えることも重要だからです。
1:1で英語だけの授業で英語を聞き取る、聞かれたことに対して応える練習は非常に大事です。
昨今ではインターネットを利用して英会話をフィリピン人の先生と話す授業を個別指導塾で導入することを検討している所もあります。
そうすることで英会話を勉強するモチベーションがあがることも期待できますし、当然マンツーマンの授業なので、生徒もだまっているわけにいかないので間違っていても発音し積極的に学習できるからです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031